ラブホバイトあるある

お風呂もコップも拭いて終了?!端折りすぎる雑な清掃はラブホあるある

ラブホの舞台裏って、そんなに興味がありますか?

俺らは日常的にいる空間なのでさほど気にもなりませんが、やっぱり見たいし聞いてみたい衝動は抑えられないのかな。

でも、場合によっては舞台裏を知ってしまうと色々弊害が出てきてしまうものです。

履歴書不要で面接も雑談だけのラブホ採用は案外簡単

はじめまして!僕は39歳アラフォーな既婚男性の高田と申します。

結婚はしてますが子供はおらず夫婦二人きりの共働きで、わりと自由気ままにWeb制作やオンライン業務で生計と立てている在宅ワーカーのフリーランスです。

それなりに生活費には困らない程度には本業で稼いでいますが、お金はあるに越したことありません!

手元に抱えていた仕事の案件がいくつか片付いて時間に余裕ができたので、少し外でアルバイトでもしようかなぁと思い立ったのがそのそものキッカケ。

もともと夜型ワークの人間なので、時給が25%増しとなる深夜枠でのお仕事をタウンワークで検索。

でもやっぱり募集が多いのは工場勤務の肉体労働系が多く、ここ数年デスクワーク中心で体力にやや自信のない私に務まるかどうかと悩みつつ探していると、ふと目に止まったのはラブホのホテルのフロントorメイクアップのお仕事!

募集要項の勤務時間には21時-翌9時、24時-翌9時と夜勤の枠があり、時給も22時以降は1,238円と悪くない条件です。

安直ながら、工場ラインや配送センターのピッキング等よりは作業が楽そう!とあまり深く考えずに電話で応募したら、アッサリ即採用されちゃいました♪

そのホテルは履歴書不要で面接もすぐに終わったので、案外採用のハードルは低いのかもしれませんね。

私個人としては、ぶっちゃけラブホテルの裏側に好奇心を抱いたのも理由の一つです。

お客様と直接のやり取りがあるフロント業務はコミュ力低めな私には向いてないと思い、部屋の清掃・ベッドメイキングの方に配属して頂きました。

コップは洗うのではなく拭くのが一般的?あるある伝説

けっこう都市伝説的にイロイロな噂の飛び交うラブホテルの裏側。

しかし、日常的にお客様のアブノーマルプレイで室内やベッドが酷く汚されるような事はありません。

むしろ「ラブホあるある」でも有名なものの一つですが、清掃の際には使われたベッドのシーツでお風呂の浴槽からトイレまで何だって拭いてしまいます!

これはバイト初日で予備知識もなかった私には最もショッキングで印象的だった事柄。

人によってはグラスやコップまで拭いて、ハイ終わりです。

えぇ~!洗わないの!?って感じでビックリ仰天ですよね?

もっと衝撃的だった事実は、お風呂の浴槽を拭くのもグラスやコップを拭くのも同じ雑巾を使うという…さすがにトイレは別でしたがカルチャーショックでしたね。

「今度ラブホを客として利用する時は絶対に使わないでおこう」私は心からそう思いましたね。

あと、これも「あるある」なんですが、ベテランのおばちゃんとかお国柄の違う外国人バイトはメイキング中にけっこうサボります。

これも事実。

立地とか回転率にも依るんでしょうけど、私の勤務しているホテルは海岸線沿いのリゾート系で部屋数もあまり多くなく、キビキビ忙しく動かなければならない状況はさほどありませんでした。

比較的ゆっくり丁寧に清掃に入れるのですが、おばちゃん&外国人はテレビ観ながら作業したり酷い時にはガチで休憩したりしますからね~。

まあ、ホテル側として暗黙の了解的な部分もあるようで、運営に支障をきたさなければ何も言わない方針のようです。

わりと根がマジメな私として、なかなか真似の出来ない所業デス。

ずっと立ちっぱなしでテンテコマイなわけでもないんだし、むしろサッサと終わらせて戻って休みましょうよと思っちゃう。

下ネタで盛り上がりながらの清掃はアッチも盛り上げる

ラブホテルの舞台裏という特殊な職場でのバイト経験は、私の人生の中でもかなりレア体験で非常に面白い社会勉強となりましたね。

幸い私は平気でしたけど、使い終わったラブホの一室には特有の生々しさみたいなものがあり、人によっては抵抗というか生理的に受け付けない方も当然ながらいらっしゃいます。

まだウブな若い大学生バイトなんかが即日辞めてしまうケースも、さほど珍しい事ではありません。

慣れちゃうとヘッチャラなんですけどね~。

むしろ男女の営み(たまに同性カップルも来ます)が行われたであろう形跡は、千差万別で非常に興味深くもあります。

私が働いてるホテルでは3人一組でベッドメイキングするのですが、気心知れたバイト仲間だと下ネタまじりに手を動かして楽しく考察なんかしちゃったりして♪

時にはテンション上がって盛り上がりすぎてしまい、何だかムラムラと変な気持ちになってきたり

(もちろん仕事中なのでナニもしませんが笑)

サイドワークながら私も充実したお仕事をさせて頂いてます。

ただ、それなりに人の入れ替わりが激しい職場ではあるので、唐突に欠員が出たりしてシフト的に厳しくなる日も当然ながらあるわけで、あまりドップリ負担増になってハマらないように気を付けたいですね。

また、やはり日の当たる職場とは言い難い場所ではありますから、普通の人が大半ではあるものの、しばしばワケあり風な変わった人が同僚になることもありますね。

そのあたりは人生経験もあるでしょうけど、衝突することなくうま~くお付き合いすることを心がける必要がありますね。

まあ、ベテランのおばちゃん達に気に入られてしまえばコッチのものデス(笑)

仕事も優しく教えてくれるし、休憩中にお菓子もくれます♪

ラブホのバイトはコツコツ真面目に作業できる人向け

ラブホテル勤務は世間的には珍しい仕事と言えますが、中に入ってしまえば一般的な職業と大差ありません。

ただエッチ系のあるあるが多めなだけ(笑)

あまり家族や友達に堂々と話せないかもしれませんが、コツコツ黙々と作業できる人にとても向いている仕事ですね。

メイキングは忙しい日だとだいぶ身体を動かしますから、舐めてると腰を痛めたりするので注意しましょう!

効率的に無理のないカラダの動かし方を体得しなきゃですね。

もしお客様とのコミュニケーションに不安がないのであれば、フロント業務もおすすめ♪

別に笑顔で元気な接客なんて必要ありません。

ラブホに入ったことがあれば分かる通り、どちらかと言うと無愛想で淡々と機械的に対応してくれた方が客側サイドとしても助かりますよね?

ホテルのシステムにも依りますが、基本的に鍵の受け渡しと金銭授受だけです。

部屋に自動決済機のある所ならお金のやり取りすらなく、所用の内線コールやルームサービス、飲み物フードの注文受けを電話で行うくらい。

他の雑用やキッチン業務を兼ねるにしても、メイキングに比べれば身体を動かす労働はほとんどありませんし、どちらかと言えば歩き回るより座ってる時間の方が長い!

まあ、それが苦痛と感じる人もいるので向き不向きはありますけどね。

いずれにしてもダメだと思ったら、支配人に配置換えを願い出ましょう。

もちろんパート・アルバイトであってもお仕事ですから、スキルアップしなければいつまで経ってもタイヘンですし、誰からも認めてもらえません。

世間的に裏側な業種ではありますが、真面目に取り組まなければならない事に何の違いもありません。向上心を持って頑張りましょう!

お風呂もコップも拭いて終わりの清掃はラブホあるある

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

ここにテキストを入力

風呂とコップ用の雑巾が同じってのは、少しやり過ぎなような気がしますが、場合によっちゃあ拭いた方が早いし、衛生的なんだぜ?

次、ラブホであんあんする時は、コップは試用前に洗って使いましょう!!って教訓でした。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
キツいラブホの現場を知り尽くした俺が楽な副業で人生逆転した方法

まだラブホバイトで消耗しているの?

肉体労働で無駄に消耗するより100倍稼げる具体的な方法教えます。

詳細ページ