ラブホの清掃

田舎に響くあえぎ声!なんにもない街のラブホ街は高時給で楽しかった

ラブホバイトって高時給・高待遇って言われますが都会に住んでいる人にはいまいちピンとこないんですよね?

だって、ラブホで汗水たらして働かなくても、楽できるコンビニや深夜のファミレス、深夜にできる工場のバイトがあるからなんですよ。

でもね、田舎に行けば深夜に操業している工場もなく、ましてやコンビニも一軒もないから、ラブホの1,000円越えの時給はまさに救世主なんです。

田舎にある近所のラブホ街は高時給で働ける唯一の場所

こんにちは、はじめまして。私は、現在38歳の女で主婦をしています。

以前は、深夜の時間帯にラブホのアルバイトをしていましたが、現在は、工場のフルタイムで働いています。

私の住んでいる田舎では、深夜になると開いているお店が少く、高い時給で働ける割のいい場所がありません。

私が、何故ラブホバイトを選んだのか、まさしくそれが原因なんですよね。

本当にうちの近所にラブホテルが密集している一帯があるんです。

当時小さな子供を見ていたので、当然、昼間は世話で働きに出る状況ではありませんが、求人誌で見つけたのが、自宅からも近いラブホテルでのお仕事。

ラブホテルはどちらかといえば、裏方で楽そうなイメージ。

求人情報は、フリーペーパーの求人情報誌に掲載されていました。その求人情報誌の「高時給」の欄に、ラブホバイトはありました。

時給は、地元の最低賃金より少し高めの1,100円。

時間帯は、ラブホテル自体は、24時間365日営業しているので、求人も時間帯の融通がききます。

一応朝晩、昼番、夜番、深夜に分かれており、私は、深夜21時から26時を希望。

また、正社員やフルタイムの人は、ほぼ泊まり込みで1日働いて1日休みみたいに、一般のホテルの様な交代勤務でした。

職種は、清掃だけでなくラブホテルの業務全般でした。

キッチンとフロントと別れている所もあるようですが、私が働いていたラブホテルは、その時間帯に出勤している人が、厨房もルーム清掃もローテーションでやる感じ。

社員さんや、フルタイムの方が主に内線の番人をして、アルバイトをまとめているようでした。とにかく、少ない人数で分担するので、ルーム清掃も一人で行う感じでした。

喘ぎ声が聞こえない構造だから何が起きても分からない

ラブホテルのバイトの初めのイメージは、裏方なので、髪型や服装が自由で、接客業ではないので楽そうだと考えていた私。

その反面、やはりラブホテルは男女がSEXする場所なので、その部分に一番不安を感じていました。

ラブホテルは、一般のビジネスホテルと違い、様々なジャンルのお客様が様々な目的で利用しているに違いないので、その後に残されているルーム清掃は覚悟がいるだろうなとは覚悟していた私。

また、ラブホテルは怪談話にもよく出てくるので、怖がりの私はメチャ不安でしたね。

まさに私の働いたラブホテルは、数十年前ですが、実際に殺人事件が起きた場所でもありました。

こんな伝説聞かされた日には、ひとりでお部屋掃除できなくなるじゃないですか?

もう、時は経ち、内装も外観もお洒落に変わり、面影は全くないくらい、おしゃれで可愛いイメージでしたが、地元なので当時の噂で何号室かまでも知っていたので不安でしたね。

それから、ラブホテルは、やはりそうゆう場所に深夜出入りするので、良いお客様ばかりではありません。

また、ブライバシーの関係から人に遭遇しにくい作りになっているので、もし、事件があったり、従業員に気持ち悪い男性がいたりすると、怖いなと勝手な想像。

やはりルーム清掃は密室になるので、もし同僚に連れ込まれたらヤバイなと思いました。

体臭とアレの匂いが入り混じってて息を止めて清掃した

ラブホテルのバイトで一番大変だったのは、繁忙期の休憩タイムから宿泊タイムに変わる時間帯のルーム清掃でした。

やはり、夏休みの花火の時や、クリスマス、年末年始は早い時間帯から様々人達が来ます。

丸1日部屋がフル稼働ような感じ。

特に急げ指示はありませんでしたが、客層が若かったり、カップルが多いと、部屋の使い方がかなり汚く大変でしたね。

アレの匂いもこもっていて、私は清掃時には息を止めたりしていました。

だって自分たち匂いは大丈夫だけど、他人様の汗とアノ匂いが混じっててたまったもんじゃないんですよね。

また、私の働いたラブホテルは、レストラン系列だったので美味しそうなメニュー表の通りに沢山の注文をこなさなければならないミッションがありました。

料理は、遅いとクレームの電話がくるので、かなり気を使いましたね。

また、下手したら、写真と違うと言われてしまうので丁寧かつ迅速に作らなければなりません。特にイベント時は、ご飯時が深夜にズレている人ばかりで大変でしたね。

また、ルーム清掃時には、お風呂の掃除が大変でした。

ガラス張りだったりするので、水垢がついたりお風呂も広いし、様々な装置があったりするので、こればかりは少しメンドクサイなと思いました。

楽しかった事は、バイトのメンバーがよい人ばかりだったことです。

暇な時は、皆で仕事が来るまで待機室で話したり、お菓子を食べたりリネンを片付けたりしていました。

身に付いたスキルは、ベッドメイクです。

リネンを交換したりする作業は、結構大変ですが、ラブホテルだけでなく一般のビジネスホテルなんかでも出来るんじゃないかな。

正社員と仲良くなれればどんどん待遇がよくなっていく

このお仕事は、あくまでもお客様と話す事のない裏方ですが、ある意味内輪だけで仕事をするので、スタッフとのコミニュケーションが大切になります。

繁忙期の厨房だったり、ルーム清掃だったり、とにかく、チームワークが大切ですね。

また、ラブホテルの職種がら表に出ない仕事なので、面接時もあまり詳しく経歴を聞かれません。

訳ありで、表に顔を出せない人もたくさんいるんですから。

また、年齢層も様々で定年間近の方もいます。特に深夜にくる年配の方々は、気が強い人が多いですね。

いかに一緒に働く正社員と仲良くなれるかが、この仕事を楽しくするかのキーワードになります。

仲良くなれば、お菓子の差し入れを頂いたり、まかないを作ってくれたりします。

また、トラブルが起きた時に率先して対応してくれたりします。

その為には、まず仕事を一生懸命こなす事が大切ですね。

特に繁忙期は、誰よりも率先して働く事をオススメします。「ルーム清掃私が行きます!」と新人の頃は、人より倍働きましょう。

また、ルーム清掃は、差が大きいものの、かなり汚いと覚悟をして取り組む事が重要ですね。

慣れてしまえば、一人でのんびりマイペースに仕事が出来ますが、はじめは、衝撃も大きいのではないでしょうか?

また、やはり気持ち悪い部屋があります。

特に霊感体質でなくても和ある部屋を深夜に一人で清掃する訳ですから、ある程度の覚悟が必要になります。

怖いからといって誰かが一緒にしてくれる訳ではありません。

なにもない街のラブホ街は高時給で楽しかった話まとめ

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

ここにテキストを入力

彼女の言う通り、俺ら正社員と仲良くなるのが一番のポイントですね。

そのためには、一生懸命働いてオバちゃん連中に認められて、オバちゃん連中から「最近あの子頑張ってるわね」って言わさなきゃダメ。

オバちゃん抜かして俺らにへーこらしていると雷が落ちて大変ですから、順番は間違わないよう気を付けてくださいね。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
キツいラブホの現場を知り尽くした俺が楽な副業で人生逆転した方法

まだラブホバイトで消耗しているの?

肉体労働で無駄に消耗するより100倍稼げる具体的な方法教えます。

詳細ページ