ラブホの清掃

ショックの連続!誰にも会わず稼ぎたかったラブホの清掃バイト体験談

本業が人としゃべりまくる仕事だから黙々と仕事したい

34歳、独身女性です。

これといった趣味もなく、流されるように日々なんとなく生きて今に至ります。

派遣社員としてコールセンター勤務をしていますが、1年後2年後の自分がどうなっているのか…目をそらしながら毎日頑張って生きております。

今の私はなんとなくコールセンターで働いていますが、給料のほとんどが支払いと生活費に消えてしまい、遊ぶ余裕などないほどに常にカツカツ。

生きていけないことはないけれど、娯楽がない人生ってキツイ…。キツすぎる…。笑

遊びたいし、貯金だってしなければマズイ。そんな貧乏人生から脱却するべく、悩みに悩んだ結果、週3でラブホバイトを始めました。

勤務日数は週3日、本業が終わるのが19時、ラブホバイトの主な勤務時間帯は22時から深夜2時までの4時間です。

本業が終わり急いで帰宅し、ささっと夕食を済ませ一息つき、ラブホに向かうルーティーンには何となく慣れてしまいましたね。

時給は1,100円。1日4時間で4400円。月12回勤務で5万円程の収入を得ています。

副業としてはいい額だと思いませんか?

私が副業としてラブホバイトを選んだ理由は、日中コールセンターで嫌という程人と会話をしているので、黙々と誰とも会話をせずに働きたかったから。

人目につかないので、身なりに気を使う必要もなくぼろぼろな状態で出勤出来る点も魅力でしたね。

とにかく、本業とは全く別ジャンルの地味な作業がしたい!のが理由でした。

求人はジョブリンクワークで見つけました。副業、深夜バイト、短時間というキーワードで探しまくった結果、今働いている職場に辿り着けました。

ラッキーな事に、自宅から徒歩15分ほどの場所にあるラブホテルだったので、私は即決。

交通機関を使わずに通いたい願望も叶い、正に私が求めている副業だ!と確信しました。

ラブホでSEXの後始末してお金稼いでるって人に言えない

私の中のラブホのイメージといえば、一言で言うと汚い。

建物うんぬんではなく、利用者が退出した後の部屋を想像すると恐ろしいじゃないですか?

わたしも利用者としてラブホ利用経験があったので、利用者がどの様に部屋を使うのかは大体理解できています。

軽い潔癖症なので、もしかするとすぐにリタイアしてしまうかもしれない、そこは不安でしたね。

見たくないものや触れたくないものがてんこ盛りな訳ですから、精神的にがっつりハードな思いをしてしまうんだろうなと覚悟を持つ様にしました。

利用者として足を踏み入れる事には抵抗はないですが、従業員としてラブホテルに通うことに、最初は抵抗感を感じていたのも事実です。

「私、ラブホでSEXの後始末やってます」なんて世間話すると、なんとなく人に軽蔑されそうじゃないですか?

まぁ、自分からカミングアウトすることはありませんが、絶対に誰にも知られたくない!と思っていました。

お金の為とは言え、果して自分に務まるのだろうかと不安でしたね。

体力仕事なので、本業との両立がきちんと出来るのだろうか、そこも悩みでもありました。

あくまでも副業なので、本業に支障をきたさない様に自己管理しなくてはいけないプレッシャーもありました。

トータル的に、不安と心配しかなかったですよ!!!

できれば副業なんてしたくないよー!と憂鬱な気分で面接を受けに行った事を思い出します。

人様の汚物を目にするのは想像以上にショッキング過ぎ

クリスマス等のイベント時の忙しさは、正に地獄でしたね。

息つく暇など一切なく、次から次へと各階の部屋を周り走りまくる状況。

従業員が皆ピリピリしているので失敗も許されないですし、とにかくしんどかったです。

もちろん、日々の業務もかなりハードでしたよ。

出来る事ならば、目隠しをして業務をこなしたいと何度思った事か…。

人様の汚物を目にするのは想像以上にショッキングでしたし、精神的ストレスも半端ではなかったなぁ…。

何故私がこんな事をしなければいけないのかと、終始やさぐれていました。

そんな辛い状況でしたが、他の従業員と励まし合いながら働いたことで強い絆が生まれた事は良い思い出ですね。

仲良しの子とペアになった時は、やけくそになりながら投げやりに業務をこなした事もありました。笑

辛い業務だからこそ生まれた固い絆だと感じます。

身に付いたスキルといえば、やはり清掃技術。ベッドメイクはかなり自信を持って「できます」って言えますね。

自宅のベッドもホテル並みにメイキングする事が出来るので、毎日快適に睡眠をとる事が出来ています。

ラブホで働かなければ一生身につく事はなかったであろうスキルなので、非常に為になりました。

目につく事などないであろう細やかな場所まで完璧に綺麗にする訓練を受けた事で、清掃に対する概念が変りました。

見えないところまで綺麗にする!これは、一種の美学なんだと体で学ぶ事が出来ました。

「来たときよりも綺麗にして帰ろう!」って臨海学校で習ったじゃないですか?アレと同じ原理です。

ラブホの清掃バイトは精神的にも体力的にもハードな仕事

とにかく、忍耐力と体力が必要な仕事です。

精神的にも体力的にもかなりハードなので、甘い気持ちで踏み込むと必ずすぐにリタイアしてしまうのは目に見えています。

見たくないものや触れたくないものばかりを相手にする仕事ですから、精神的にタフじゃなければ絶対に務まりません。

最初からタフになるのは中々難しいですが、自分の力で徐々にタフさを身につける必要があります。

秘訣は、とにかく割り切る事。

これは仕事なんだ!と強く念じながら業務に没頭する事。どんな仕事でもそうですが、プロ意識を持って働く事が成功の秘訣です。

副業としてラブホバイトを検討している方は、とにかく自己管理を徹底してください。

本業に支障を来してしまっては元も子もないので、体力面のケアだけは忘れずに。

無理ない範囲で、絶対にこなせるであろう範囲で勤務日数を調整する必要があります。お金を稼ぎたいから!と、欲を出しすぎないのがポイントです。

業務内容に関しては、頭ではなく体で覚える事が成長の秘訣ですね。

考えている暇があるなら、とにかく動いてみる。

まずは先輩の動きを完コピする感じで、徹底的にマネする事をオススメします。

次第に、勝手に身体が動くようになっていきますから。

甘く考えていると必ず痛い目にあうので、めちゃくちゃハードな仕事なんだ!とハードルを高く設定してから働き始める事をオススメします。

でも、慣れれば簡単な仕事なので、とにかく最初の段階を精一杯頑張る事が大切です。

誰にも会わず稼ぎたかったラブホの清掃バイト体験談

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

ここにテキストを入力

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
キツいラブホの現場を知り尽くした俺が楽な副業で人生逆転した方法

まだラブホバイトで消耗しているの?

肉体労働で無駄に消耗するより100倍稼げる具体的な方法教えます。

詳細ページ