ラブホの清掃

ラブホ清掃のバイトはグロテスク!慣れるまで吐き気が止まりませんよ

楽して短時間で、しかも効率よく稼げるバイトがあったら、やってみたいですよね?

そういうバイトって大概、体を売ったり、危険が伴うから躊躇してしまいますね。

でも、世の中には、夜勤という効率がいいバイトも存在するわけで、30代のチカさんもそんな効率のいいバイトにハマってしまった一人です。

体を売る風俗嬢以外の短時間で高時給バイトを希望した

こんにちは。私は、老人福祉施設にて介護福祉士として働いている、

チカ35歳です。

仕事柄不規則な暮らしをしていています。独身で婚活真っ最中でありアパートに寂しく独り暮らしをしています。

派遣会社で働いていたのですが、まだまだ正社員として落ち着く気にはなれず、旅行などを楽しみながら、あまり勤務日数が多くなくて、しかも高収入が望める仕事がしたいと思っていました。

でも、さすがに自分の体を売る風俗嬢は抵抗があるって、知り合いに話すと、ちょうど短時間で高収入が見込めるバイトがあるって教えてくれました。

ラブホの清掃バイトは、基本的に主婦が多く、今のオーナーが夜勤帯専属のバイトを探していました。

夜勤のため1回の拘束時間は長いですが、週に3回~4回ほどしか入らなくて良かったため、遊びに行ける時間も確保できそうだったし、喜んでお受けすることにしました。

職種は清掃係で、時間帯は夜の21時から朝の7時までですが、休憩時間が長かく実質は8時間勤務でした。時給制ではなく、夜勤帯は完全日給制であり1日9,000円。

プラスで、交通費と夜食がタダという好待遇でした。

しかも、お夜食は元料理人のオーナーの手作り。もう美味しくって、テンションあがっちゃいます。

月収にすると、正社員の給料に比べると安いですがが、平日の昼間に毎日勤務するよりも給料がいいと思いませんか?

しかも、毎日入らなくてもいいので、旅行に行きやすいですし、プライベートが確保することができて嬉しいです。

仕事ばかりでプライベートが充実していない人も多いじゃないですか?

その中でも、夜勤帯に長時間拘束されても、休みが多い方がプライベートは充実します。

掃除とアメニティグッズの補充など、部屋を管理するのが自分の仕事として、任せられました。

最初は使用済のコンドームやローターが触れず苦労した

ラブホの清掃というと、ハードな仕事内容を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

確かにラブホの仕事は大変でしたが、慣れてくると意外と楽しみながら行うことができましたね。

ラブホでバイトしている時に、知り合いに会ったらどうしようという不安もありましたが、基本的に、お客さんが帰った頃を見計らって部屋の清掃に行きます。

忘れ物を取りに返ってくる人がいない限り、顔を合わせることはまずありませんので、安心して働くことが出来ました。

また、ラブホはカップルが過ごす部屋であるため、その後処理をするのはちょっとグロテスクにも思えました。

初めのうちは、使い終わったコンドームがベッドに放置されていたり、シーツに血がベッタリとついていたりで、刺激が強すぎましたね。

基本的に、掃除はゴム手袋をして、変な病気の感染をしっかりと防止しているんですが、だんだんと慣れてくると、使い終わったコンドームやローターが転がっていても、自分でも怖いほど反応しなくなっていきました。

これって、職業病っていうんでしょうか?自分が行わなくちゃいけない仕事を淡々と行うことが出来るようになりましたね。

愛液でベタベタニになったローターを、分からないように隠して捨てられる人がいますが、結局は分別しなくてはならないため、隠すよりも堂々と捨ててくれる方がありがたいと思ってしまいます。

掃除係のチカが見た修羅場と化すエロの現場や喘ぎ声

ラブホ清掃のバイトは、忙しい時期になると次から次へと部屋の清掃をしなければ、待っているお客さんが多くなります。

車中で待ってくれている場合は問題ありませんが、私が働いていたラブホは、繁華街いの中にあるため、歩いてこられるカップルの方が多かったですね。

当然、待合室的な場所はありました。

待ち合い室は、半個室みたいな形になっているんですが、そこではお客さん同士が顔を合わせる形になって、気まずい思いをお客さんにさせないために、1秒でも早く清掃をして部屋に通してあげたいと、少しでも早く部屋の清掃ができるスタイルが身に付きましたね。

忙しいのは許容範囲ではありました。

しかし、部屋からプレイの一貫なのか本当にトラブルが起きているのか、女性の叫び声のよう喘ぎ声が聞こえてくることも珍しくなく、最初はなかなか慣れませんでしたね。

当初は、喘ぎ声を聞くと、助けに行くべきなのか本当に悩むこともありましたね。

大概、そのような喘ぎ声がした後でも、カップルは仲よさそうに出てくるんです。でも、中には、本当の修羅場をラブホで迎えちゃうカップルが多いんですね。

ラブホは2人だけの空間が作れるから、そこで喧嘩をする人も多いんですが、不倫の現場にもなります。

GPSで旦那の居場所を突き止めた奥さんがやって来て、部屋に入っていき大喧嘩になることもありましたし、駐車場に停めてある旦那の車を見つけて、ハンマーか何かでボコボコにしていくような人もいました。

そのんな事態にはオーナーを呼ぶのですが、オーナーが来るまでは修羅場で見るに耐えませんでした。

もちろん、楽しいこともいっぱい体験しまいたよ。

部屋には思い出ノートを置いているのですが、記念日にカップルが部屋を利用して「快適に過ごせました」という言葉を目にすると、嬉しくて今後も、もっと快適に過ごしてもらえるよう清掃を頑張るぞと、決意しました。

お客様が100%満足できるよう心を込めて清掃バイト

ラブホ清掃のバイトは接客する仕事ではないため、人と接するのが苦手な人には向いているかもしれませんが、人のことを優先的に考えることが出来ない人には向かないと思います。

誰かのことを喜ばせるのが好きな人や、見えないところにも気遣いが出来る人は、ラブホの仕事にメチャメチャ向いていますね。

ラブホは、どんな人が利用するのかも分かりませんので、ついつい適当に掃除をしてしまうバイトもいます。

見られてないから適当でイイやって気持ちのバイトは、もちろん続きません。

だってお天道様がみてるんですから。

ラブホのバイトは見えない人に、気持ちよく使って欲しいと頑張ることができる人が合っているのではないでしょうか?

アメニティグッズをきちんと揃えておく基本的なことだけではなく、隅々まできれいにしておきたって気持ちが大切ですね。

バイトだから、与えられた仕事だけこなせばいいって気持ちだったり、同じバイト仲間達と楽しく話をしながら、のんびりと仕事ができると思ったら大間違いです。

忙しいときには、正に息つく暇もないほど一心不乱に働かなくてはなりません。

本当に、のんびり働けると思ってバイトに来る人、何かHな現場に遭遇できるんじゃないかって不純な目的来るバイトは、注意が必要です。

1晩で辞めていった人を私は、もう何人も見てきましたから。

お客様への感謝の気持ちと、ホスピタリティ精神を忘れず、私は今日も元気に清掃バイトに励みます。

ラブホ清掃のバイトはグロテスクなかなか慣れなかった

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

年齢:30代

性別:女性

職業:フリーター

どこで見つけた?:知人の紹介

キッカケ:生活費を稼ぐため

日給:9,000円

仕事中に別の部屋から喘ぎ声が聞こえてきたら、清掃バイトどころじゃなくアソコがビンビンになってしまいそうですね。

でも、そういうナンパな気持ちの清掃バイトは務まらないっていうから、皆さんも怖いものみたさでラブホバイトに臨まないよう、気を付けてくださいね。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
キツいラブホの現場を知り尽くした俺が楽な副業で人生逆転した方法

まだラブホバイトで消耗しているの?

肉体労働で無駄に消耗するより100倍稼げる具体的な方法教えます。

詳細ページ